10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

惚れて通えば千里も一里

瑞山いつきの公式ブログです。

 

ネタバレ裏話を補足しました。 

執筆の気分転換に小話を書き進め、適当に自分の過去記事を読み返していた時に、ふと、スカーレット・クロスの五巻で自分が書いたあとがきを思いだしました。

慌てて自著を読み返し、このままでは誤解されるかもしれないと思って、『スカーレット・クロス 混ざりものの月』のネタバレ裏話を少しだけ補足しました。
具体的には、『ギブが教会に捕らえられて、ツキシロが助けるところでラストにしよう』を『ギブが教会に捕らえられて、ツキシロがルナシイ化して助けるところでラストにしよう』に変更。

当ブログのネタバレ裏話も、五巻のあとがきも嘘を書いてはおりません。投稿時にはヨセフがいなかったので、色々と流れが変わったんですよ。

投稿作ではギブが教会に封じられ、《聖なる下僕》を持つ敵の祓魔師たちとツキシロ一人が戦って、ツキシロはその戦闘で重傷を負ってルナシイ化。敵を倒してギブが解放されたのはいいが、そこにいる人々を皆殺しにしようとしたので、ギブが身を挺してツキシロを止めてルナシイ解除。ギブが色々自覚して、主従の恋愛ベクトル逆転エンド……という予定でした。

どうでもいいけど、あとがきのテンション高いなぁ自分(笑)当時友人に「いつもあとがき全速力だよね」とか言われていたのを思いだしました。わたしはなんて言い返したんだっけなぁ……なんか、あの時は『少女小説のあとがきはテンション上げなきゃ!』と思いこんでいたような気がします。

あと、執筆中に身内に不幸があったのも理由の一つかもしれません。スカーレット・クロスの執筆時は、頑張っている自分を褒めてもいいんじゃないかと思うほど、本当に色々ありました。たぶん、デビューしたてだったから根性をだせたのだと思います。

Category: ビーンズ文庫裏話

Tag: スカーレット・クロス裏話 
tb -- : cm --