08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

惚れて通えば千里も一里

瑞山いつきの公式ブログです。

 

スカーレット・クロス 月波の導べ(ネタバレ注意) 

スカーレット・クロス 月波の導べ (角川ビーンズ文庫)スカーレット・クロス 月波の導べ (角川ビーンズ文庫)
(2005/10/29)
瑞山 いつき

商品詳細を見る
タイトルの言葉の意味は、あとがきで書いたので省略します。

オウカのためのタイトルです。



今回登場した契約者のネルの名前は、某国の国王の愛妾になった女優からお名前をいただきました。

左耳にうるさいほどピアスをつけているのに、右耳になにもないのは、もちろんそちらがイブリスの“耳”だからです。

本編中にも少し書きましたが、ネルが右耳を失ったのは魔物になってから、かつて愛された国王に魔除けの矢で撃たれたせいでした。ちなみにネルの転化の理由は呪いをかけられて死亡したせいです。

かつて本人がウォルターにもらしたように、生前、彼女に野心はありませんでした。

本人はもう何も未練はないと言っていますが、じゃらじゃらとつけている腕輪の中で一番古いものは……──言わぬが花かな?

造作的にはそんなに美人ではないけれど、不思議と色気と愛嬌のある女性を目指して書いたのを覚えています。

もう少ししっかりとした最期を書いてあげたかったけれど、このお話のメインはあくまでギブとツキシロなので、あっけない最期となりました。



再登場のオウカとサクラに関しては……特に言うことはないです。すべてを受け入れて、納得しての結末です。未練がないと言えば嘘になるけれど、それでも本人は満足したうえでのことではないかと思います。

あ。蛇足ですが、基本的にオウカのゴーレムの数字は不吉だといわれる数字だったり、煩悩の数だったりします(笑)5巻の合体ゴーレムは、全部足した時に666になるのが前提だったもので、ばらばらの時は適当な数字ですけど。



メインキャラ的には、ツキシロが再ルナシイ化して、主従ともども化け物レベルの強さを手に入れた巻ですね。

ギブの神経が太くなければ、胃に穴の一つ二つは空いてそうです(すぐに再生されるんだろうけど)。ツキシロはたくさん泣く娘ですが、泣くことでストレス解消しているところもあるので、意外とギブより逞しいのかもしれません。



基本的にわたしはプロットの流れと、実際の小説の流れをほとんど変えないんですが、あとがきにもちらりと書いたとおり、この巻は大幅にその流れを変更してしまいました。

正確に表記すると『途中で切った』んです。

本当なら、この巻でウォール村についている予定で、サブタイトルもこの巻が『背信の月露』となるはずだったんですが……ペ、ページ数が……その、予定より多くなってしまいまして……。

オウカが羅針盤に変じて、ちょうどいい区切り(とか書くと怒られそうですが)だと思ったので、恐る恐る担当様に相談してみたら、了承いただけたのでああなりました。

ぶっちゃけあの表紙イラストは『背信の月露』用でした。

イラストレーターさんにも、担当様にも大変ご迷惑をおかけした巻でした。

Category: ビーンズ文庫裏話

Tag: スカーレット・クロス裏話 
tb -- : cm --