08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

惚れて通えば千里も一里

瑞山いつきの公式ブログです。

 

スカーレット・クロス 月蝕の復活譚(ネタバレ注意) 

スカーレット・クロス―月蝕の復活譚 (角川ビーンズ文庫)スカーレット・クロス―月蝕の復活譚 (角川ビーンズ文庫)
(2006/12)
瑞山 いつき

商品詳細を見る
用語説明は不要でしょう。イブリス、アザゼル、ツキシロ、ウォルターの復活をイメージしたタイトルです。



さて最終巻です。

あとがきにはネタバレになりすぎて書けなかったのですが、実は最後の最後までウォルターの生死を迷ってました!

ぶっちゃけて、どちらでも主軸のストーリーにそったエンディングにこぎつけることができるんですよね。イブリスの“左目”を持っているウォルターは、他の契約者同様に、イブリスに利用されるだけ利用されて消滅……してもよかったんですけど、「たぶん死んでしまうんだろうけど、ウォルターが好きです」とか、「ウォルターの最期がせめて幸せでありますように」とか、読者さまがあまりにもウォルターの死を覚悟してくださっているので、生かすことにしました♪(←ひねくれ者)

善良な言い方をすれば、最終巻のウォルターは彼を愛した読者様の声がわたしに届いた結果です。



最後の契約者、ハシドと、すべての元凶である彼の王については、彼らの回想シーンをうっかり作中で書きすぎて、『本筋の物語には関係ないんだ』と呪文を唱えつつ、泣く泣く切り捨てていったことがすごく印象に残っています(笑)

ちなみにハシドの王は御使いをその身に降ろす神官の長でもあったので、王になるべく名無しで育てられた設定です。もう少しわかりやすく言えば、神の代理人としての器、人類の王としての名目を必要とされたゆえに、人間としての個を与えられなかった娘です。『ただの人間』は『神の代理人』にも『王』になれないと思われていたのですね。

さりげなく作者のお気に入りの二人です。義務と信頼と執着と裏切りと恋とが濃ゆく混ざり合った結果の憎悪と絶望。だからこそ王は唯一自分を労ってくれた御使いに恋をして、アザゼルを地上に留めようとしてしまいます。

賢いはずなのに馬鹿なハシドだけが、たぶん唯一彼の王を止め、救うことができたのに、きっと永遠に気づかない。馬鹿で哀れな男です。



ツキシロとギブの大人なシーンは……ギブがツキシロを口説いて押し倒す場合、ギブが誘ってツキシロに押し倒させる場合、事後、足腰が立たない場合等、5パターンか、6パターンくらい用意した中で、さらにツキシロ視点でいくか、ギブ視点でいくか検討し、一番さらっとしたものを選びました。

実際に書いて担当様に選んでもらう方法もあったのですが……ビーンズ文庫は下は小学生からの未成年者が多数読んでいるレーベルなので、その辺の境界線は編集者まかせにするのではなく、物書きとして自粛するべきだろうと判断した次第です。

もちろん、物書きの数だけ考え方があると思うので、ただ単に『わたしはこう思っている』というだけなのであしからず。持論の強要をするつもりはありません。そんな考えもあるんだ程度に受け止めていただけると嬉しいです。

高尚な文学を書いているつもりはないし、自分もディープキスやらボディータッチやらムラムラシーンは書いているので、あまり説得力はないなとわかってますよ(笑)




『月光の天使』についても少し。

どうしてもこのシリーズの一番最後につけたかった短編でした。

ビル司祭のオウカにむける最後の言葉は、過去形にしようか現在進行形にしようか迷いました。でも、300年もの間魔女として生き続けたオウカに、未練を残してやりたくはなかったので過去形にしました。たぶん、ビル司祭ならこちらを選ぶだろうと思ったんです。

それでも、もう一生ビル司祭はオウカのことを忘れられないのだろうし、その想いを抱えながら生きていくのでしょう。たぶん、オウカもその辺は理解しているんじゃないかな?と、勝手に思っています。



サード・シーズンはどうするのか、実は担当様に聞かれたことがあります。

ギブを《神の子》として宣伝し、次期法王にして今の宗教社会を改革しようとする法王とか、それに賛同と反発を半々に持つビル司祭とか、法王の改革に全力で逆らいつつやりたいことは認めるギブとか、セカンド・シーズンの続きを書けることは書けるのですが、展開的に話の主体が魔物退治ものから宗教、政治ものに完全にシフトチェンジしてしまうので、今までついてきてくれた読者様も望まないだろうと話しあい、お断りさせていただきました。いい加減、剣戟書きたかったし(笑)

ギブとツキシロのラブライフは小話でちょこちょこと公開しています。気がつかれた読者様もいらっしゃるようですが、実は最終巻後のギブとツキシロの関係ははっきりと明記しておりません。

自分の中でこんなことになっているんだ的設定はあるんですが……説明すると確実に野暮ったくなる範囲まで語る必要がでてくるので、割愛させてくださいませ。葛藤やら周囲の反応を考えると、小話にするには長すぎる物語になるので、当ブログで発表することはないかと思います。

Category: ビーンズ文庫裏話

Tag: スカーレット・クロス裏話 
tb -- : cm --