07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

惚れて通えば千里も一里

瑞山いつきの公式ブログです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

非実在青少年規制について、ご存じでしょうか? 

東京都の第一回定例会の第30号議案で、「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」が審議されました。その中に『非実在青少年』を規制するものがあります。非実在青少年とは、漫画やアニメなどの登場人物のうち、服装や所持品、学年、背景、音声などから「18歳未満として表現されていると認識されるもの」を定義した新語です。

東京都の非実在青少年規制関連の報道発表資料がこちらです。

結果として継続審議となりましたが、廃案となったわけではありません。これに影響を受けて大阪も検討をはじめてしまいました

児童ポルノを規制するのは喜ばしいことですが、正直、非実在青少年規制と一緒にされるのは不本意です。

以前ブログでも書かせていただきましたが、一部の規制が多くの書物に多大な影響を与える場合がありますし、一部が禁止されたら、そこにひっかからなかったとしても世間の流れとして、多くの物語が敬遠される可能性があります。

具体的な例として、「ちびくろサンボ」が人種差別を訴えられて絶版になった時、黒人、またはそれに近い容姿の登場人物がいる物語にまで影響が及び、自粛という形で本が絶版になったり、登場キャラクターが変えられたりしました。それと同じ現象が起こる可能性はないでしょうか?(わたしは「ちびくろサンボ」は罪のない、楽しい物語だと思っています。オリジナルの話はインドの少年であり、黒人でなかった等の改変があったようですが、それを知らなくても純粋に楽しんでました)

何よりも、審議、検討するメンバーに、出版側、反対派になると思われる人物がいないことに疑問を覚えます。(『等』の中に入っていたら申し訳ありません。けれど、それならそれで公表していただきたいです)このままでは一方的な内容で検討されるのではないか、審議が議決されるのではないかと不安に思います。

本当に規制は必要なのか、何かしらの枷が必要だったとしても、それは創作物にまで──クリエイターが作る世界観にまで踏みこんでいいものなのか、一緒に考えていただけたらいいなと思っております。

先日記事に書いたとおり、個人的には創作側が作るべきものに行政は足を踏み入れべきではないと思っておりますし、いままでの成人指定内容で充分だと思っております。その代わり成人指定マークの大きさをわかりやすく定めて、売り手への徹底注意を促す程度でいいのではないでしょうか?

それ以上は個人の問題、家族の問題であって、行政が首を突っこむような問題ではないと思うのですよ。

※最後に、本来当ブログは記事への直接リンク、転載をお断りさせていただいているのですが、東京都が行おうとしている改正案を一人でも多くの方に知っていただくため、カテゴリ「青少年健全育成条例について」の記事のみ、リンクフリーといたします。必要だと思われた方は、ご自由に転載くださいませ。
ちなみに大阪府は検討内容の中に、きっぱりと「女性向けコミック誌の規制、ボーイズラブの規制検討」と明記しております。

同人誌即売会にも影響がおよぶのではないかと考えられます。なにとぞご考慮くださいませ。

Category: 青少年健全育成条例について

tb -- : cm --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。