09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

惚れて通えば千里も一里

瑞山いつきの公式ブログです。

 

『魔女の使い魔は王子様でした。』 (一迅社文庫アイリス)』公式発売日です!! 

都内や一部書店さんでは発売されているようですが、
『魔女の使い魔は王子様でした。』
本日公式発売日です!!!



【あらすじ】
美女姿に変身していた魔女リタが、仔猫のような魔物と使い魔契約を結んだ翌朝――檻の中に入れていた魔物が、なぜか青年になっていた!? しかも彼は、自分はこの国の第一王子ヴァルトで、魔女に助けを求めに来たのだと分かりやすい嘘をつく始末。これは絶対に舐められている! しっかり躾けなければと思っていたけれど……。まさか本当に王子様だったなんて!?
呪われた王子様をうっかり使い魔にしてしまった魔女の解呪ラブファンタジー。



サイン本&購入者特典&試し読み情報はこちら(文字クリックで対象リンクに飛びます)
※いつものことですが、セブンネットショッピング(オンラインショップ)さんでのサイン本は専用のカートができますのでご注意ください。



もふもふにゃんこな魔物になる呪いを受けた王子様と主従契約を交わして使い魔にしてしまった魔女のリタが、なんとか彼の呪いを解いて、主従契約を解消しようとするお話です。
アクション、魔法儀式、陰謀と、色々と詰めこんでおりますが、主軸は立場の違う二人のラブロマンスです。

とにかく中のイラストがすごく綺麗なので、是非ともご覧くださいませ。
もちろん読んで楽しんでいただけたら、とても幸せです。

よろしくお願いいたします。


投票箱を作ってみました!






・一人一日一票まで投票できますが、できればお一人様につき、一キャラ一票の投票をお願いいたします。
・媒体によっては、投票画面が見えない方もいらっしゃるようです。その場合は、恐れ入りますがメルフォにお願いいたします。下記にありますが、メルフォの場合もキャラに対するコメントは50文字まででお願いいたします。
・コメントは50文字まで。文字数が足りないとおっしゃる方は、できればその愛を御手紙で、編集を介して伝えていただけると、作家としての寿命が延びて助かります。


上記でも軽く伝えておりますが、念のため。「買ったよ」という報告とか、「どんなキャラが好き」とかの一口感想は大歓迎で、むしろ泣いて喜びますが、文庫の長文感想は、恐れ入りますが編集部経由でお願いします。

くわしくは『一迅社文庫アイリスの感想について』をご一読くださいませ。

Category: ひとりごと

Thread: ライトノベル

Janre: 小説・文学

tb -- : cm --