10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

惚れて通えば千里も一里

瑞山いつきの公式ブログです。

 

『マイティ・ソー バトルロイヤル』を観てきました!(ネタバレ注意) 

いつも映画感想はツイッターでネタバレしないように呟いていたのですが、140文字で呟いていられない気分なので、ブログで失礼します。

テンションのまま書いているけど、総合的にはものすごく面白かった!!!!と、いうことだけは主張しておきたいですよ。

感想内にはいくつかネタバレがあります。ご注意ください。
※考察はしてません。本当に純粋に感想です。

視聴済み、もしくはネタバレを気にしない方のみ自己責任で続きをどうぞ。






脳筋っぷりが最高に可愛かった!!!!

何なの?天使なの?ああ神様だった。しかも雷神だった!が、頭の中をぐるりと回りましたさ!!

思考時間をほぼ取らず、反射でやりとりしているから、八歳から命がけの兄弟喧嘩を止められないんだよ!!!!
オーディーン様、国王としては優秀でも、子育て失敗しているから!!!!

あの時、ロキがかけてほしかった言葉は、「母に似たな」じゃなくて、もっと別の言葉だったと思うんだよ。
なんだかんだでロキ、オーディーンが無事に生活できるように手配していたわけだし………………爪が甘かったけれど!!

しかしまあ「それはそれ、これはこれ」と、あっさり頷いてしまうのは、神話の自由さと理不尽さを知識としてある程度知っているのと、映画のテンポとノリがものすごくよかったせいだと思う。

もう本当に、観てて気持ちよかった!!!

くるくる変わっていく展開が一つ一つ面白くて、頭空っぽにして笑ってた。

コミカルだけど、押さえるところはシリアスに押さえ、アクションはド派手に!!!

しょっぱなからクライマックスで、予告を観ていなければ、「え?これ最初なの?これからどうするの?」と、思っていたんだろうなぁ。仕方ないけど!はい死の女神ヘラさんが今回の敵ですね。

北欧神話ベースなら、ロキの娘のヘルが死の女神じゃないのかなぁと、首を傾げもしたけれど、まあこれ『マイティー・ソー』だしね!つーか、とにかくヘラ様お美しかった!そして今回も強いお姉様がそろい踏みだった!!!
ただのモブかと思われた美しいお姉様も、さり気なく剣を手に戦ってたしね!

強いお姉様は大好きです!!!!

いやぁ。さすが死の女神、強い強い。そしてフェンリルもふもふ可愛い!!!
ヴァルキリーも可愛かったし強かったし面白かった!!!ジェーンのことがあったから、序盤はここで恋愛関係になったらどうしようかとはらはらしたけれど、まっっっったく心配なかったよ!!!

むしろ同志だった。いや、捕まったり捕まったり捕まったりしていたけれども!敵対していても憎みきれないさじ加減が本当にお見事。彼女とハルクのやり取りにかなり癒やされた。
頑なすぎてどうやって仲間にするのかと思ったら、きたよロキ!さすが北欧神話のトリックスター!必ず裏切るという期待を裏切らない男!!!

いやロキ最初のほうからいたけどね。相変わらず小悪党感が輝いていて可愛い。本当に可愛い……。

ソーがぼこぼこにされた時のロキのはしゃぎっぷりに、ここまで笑うとは思わなかったよ。『アベンジャーズ』の時の彼が頭をよぎったのはわたしだけじゃないはず!
あの兄弟は一周回って仲良しだよね!(ソーがこりなくて、ロキの詰めが甘いから成り立っている関係)

軽いノリが続いたけれど、ハルクのことだけはわりと深刻な気がしているんだよなぁ。
肉体の権利をハルクが握ってしまったのは、あの星が地球よりも生きやすかったというのもあると思う。ハルクにとってももちろんそうだし……たぶんバナーにとっても。自分を、ハルクを抑えることから解放されているんだもの。

そして何か理屈をつけてくるとは思うけれど、ラストがすごく気になった。
食料どうするの?(いらないの?もしくは備蓄があるの?)
地球に迷惑かけるの?
宝物庫でのロキの目線の意味は?(まあ盗んでいると思うけど!)
Dr.ストレンジはあくまで地球を魔術的な面から守っているわけだけど、あの人たちがやってきたら大分磁場が崩れるよね?
Dr.ストレンジの今後のアベンジャーズへのかかわり方は?
ソーとジェーンはそのままなの?『アベンジャーズ2』でトニーにのろけていたくせにな!
ソーはこのまま自分の力を制御したままでいられるの?

とりあえず次回作でロキがまたなんかしでかすとは思うのだけど!!!!

それでもやっぱり期待してしまう『アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー』
ソーがトニーになんて声をかけるのか、キャップの不在に何を思うのかとても楽しみ。
シリーズ的には先に『ブラックパンサー』で、こちらももちろん楽しみですよ。

Category: ひとりごと

tb -- : cm --