07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

惚れて通えば千里も一里

瑞山いつきの公式ブログです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

スカーレット・クロス 新月の前夜祭(ネタバレ注意) 

新月の前夜祭 スカーレット・クロス (ビーンズ文庫)新月の前夜祭 スカーレット・クロス (ビーンズ文庫)
(2004/05/28)
瑞山 いつき

商品詳細を見る
タイトルの『新月』はヨセフの転化を暗喩しています。その前夜祭が、ヨセフとエヴァのウォール村への襲撃であり、ギブの逮捕でもあります。
あと、ギブが転化しそうだということも『新月の前夜祭』にかけています。



この巻で特筆すべきは師匠の登場でしょう♪

ギブやレオンのような呼び方をするのなら、『ビル司祭』ではなく、『リチャード神父』なのですが……どうしても、老人姿でリチャードは許せなかったので、ビル司祭で押し通しました!!

いや……わたしの感覚的に『リチャード』って、金髪碧眼の美形の名前なのですよ。

なのにどうして名前をリチャードにしたのかといえば、オウカとの絡みが書きたかったからです。若い頃のビル司祭なら、わたし的に『リチャード』オッケーだったんです。もちろん、若い時の姿を知るオウカが、ビル司祭をリチャードと呼ぶもよし!

ビル司祭の名前がどこからきたかは、何巻目かのあとがきに書いたはずなので省きます。

同じく初登場のエルクは……資料本の著者の名前をいただきました。

本当はお兄さんのニール(そんな名前じゃなかったけど)を登場させる予定だったのですが……大人の事情でキャラクターそのものを却下されて、「ならば全部捨ててやる!」と、エルクが生まれました。

かっこつけの真面目な未熟者はとても愛しくて、書いていても楽しかったです♪いい男に育てよ!

この巻の中で密かにお気に入りだったのが、暗殺者のフレッドです。暗器の隠し方とか考えるのがめちゃくちゃ楽しかったです♪冒頭でフレッドが使用していた武器は、実際に使われていたものです。(基本、作中で書いている武器はすべて存在しています。使い方は違っていたりしますけど)

人間相手ならば確実に死んでしまうえぐい武器ですが、ツキシロは魔物だから大丈夫♪←重宝したフレーズです(笑)



ヨセフの過去がこの巻でちらりと出てきましたが、ヨセフとエヴァは、生前に恋人らしい触れあいをしたわけではありません。

お互いに綺麗な思い出を相手に残しておきたくて、再会した時もただの男女になりたくなかったんだろうなと思います。

後悔はしたでしょう。でも、安堵もしたはずです。エヴァが魔物になってしまうまでは……。

実は祓魔能力のある者が転化したら、強い魔物になるという裏設定がありました。だからこそ、教会は相手がどんな地位であろうと祓魔能力があったら教会に連れて行く必要があったんです。もちろん、魔物に対抗する能力者の確保という意味合いも強いですけれど……表向きの理由は後者のみです。

祓魔師は教会の生命線ですから、強い魔物になるということは教会のトップシークレットという設定でした。だからギブも知りません。

いつか物語の中で書いて表設定にするつもりでしたが、下手に書くと無駄に物語が複雑化するうえ、別にその説明がなくても物語が進んだので、正真正銘の裏設定で終わってしまいました(笑)



ヨセフ同様、ラリーの過去も少しだけこの巻で書いていますね。

はじめて雑誌短編の依頼をされた時から、ずっとラリーの過去話は却下されてばかりだったので、ここで少しでも書いてしまいたいと思っていました(笑)後に短編集のかきおろしで書く機会ができたので、ここで無茶しないでよかったなと思います。

Category: ビーンズ文庫裏話

Tag: スカーレット・クロス裏話 
tb -- : cm --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。