09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

惚れて通えば千里も一里

瑞山いつきの公式ブログです。

 

拍手コメントについて 

拍手コメントについて御要望をいただきました。

大変申し訳ございませんが、トップ記事に書いたとおり、コメント、トラックバックはわたしが管理しきれないので禁止させていただいております。

トップ記事ではわたしの言葉が足りなかったようなので、つらつらとその理由を書いてみました。

本気で理由しか書いていないのであまり面白い記事ではありませんが、当ブログの拍手コメントについて疑問をお持ちの方は、どうか御一読くださいませ。


当ブログは瑞山いつき本人が管理しております。一人で管理をするのは気軽でいいのですが、なにかと手の届かないところもございます。拍手コメントの管理もその一つです。

FC2さんのほうでもスパムまがいのコメはチェックされていると思うのですが、ああいったものは無駄に日々進化して、防壁の隙間をすり抜けるなり、こじあけるなりして入ってくるものです。

「うっかりコメのURLをクリックして、変なサイトに飛んじゃった」なんてことも、絶対にないとは言い切れません。

当ブログの性質上、未成年の閲覧者様も多いかと思われますので、極力そういった事態は防ぎたいと思っております。

毎日ブログに張りついてコメントをチェックすれば防げることかもしれませんが、わたしにも生活がありますし、基本的に執筆を優先したく思っております。原稿が切羽詰まっている時は、ブログをのぞくことすらありません。

それにこちらに都合のいいコメントばかりをいただくわけではないでしょうし、厳しい言葉をいただいた場合、未熟者ゆえエンターテイメント性のある的確なコメントを返せる自信がございません。内容によっては、せっかく当ブログに遊びにきてくれた方を不愉快にさせてしまうかもしれません。

拍手コメントを閲覧不可能にして、わたしだけがメッセージを読むという手もありますが、その場合コメ返しができなくなってしまいます。

もしかしたら「それでもいいじゃん」とおっしゃる方がいるかもしれませんが、わたしが嫌です。

なので、「記事に関してコメントがしたい。新刊のちょっとした感想を書きたい」とおっしゃる方は、お手数ですが編集部気付でお手紙をください。難しく考える必要はありません。書こうとしたコメントを余った年賀状の裏にちょこちょこと書いて送っていただけるだけで、わたしはすごく嬉しいです。

いまのところお手紙をいただいた場合は直筆でお返事をさせていただいております。悪筆ですが、それでもいいよとおっしゃる方は、お気軽に筆を執ってくださいませ。

Category: ひとりごと

tb -- : cm --